MENU

パサパサでひどいビビリ毛に使いたいオススメの馬油

ビビリ毛

 

縮毛矯正やカラリングのやりすぎでビビリ毛になってしまうと毎日のスタイリングも大変!
特に梅雨時期とかすぐ爆発してしまい、爆発コントのようなヘアースタイルになってしまったりします。

 

まとまりのないビビリ毛にうんざりしているのではありませんか?
ビビリ毛を切ってしまえばそういった悩みもなくなるのですが根元からビビリ毛になっているとそうもできません。
そんな時に役に立つのが馬油です。

 

馬油をビビリ毛に塗ってやる事で髪をコーティングしてくれるので髪のまとまりもぐっとマシになります。
という事で今回はビビリ毛になったら絶対に使いたいオススメの馬油をご紹介します。

 

ソンバーユ

 

ビビリ毛

 

価格 1468円 
内容量 70ml

 

ソンバーユは馬油のみを配合したオイル赤ちゃんのようなデリケートな肌にも使えるのが特徴です。
一番人の皮下脂肪に近いとされている馬油を使っているので、すぐに肌や髪にもなじみます。
ギシギシになったビビリ毛にソバーユを塗ってやるとビビリ毛がしっとりとしてくれます。

 

価格もお手頃ですし、ドラックストアであれば簡単に購入する事ができるので、ビビリ毛 = 馬油 = ソバーユというぐらいビビリ毛になったらまずこれというぐらい定番の馬油です。

 

 

ソルアネーロ

 

ビビリ毛

 

価格 3.200円
内容量 30ml

 

動物性のオイルが苦手だという人には植物性のオイルもあります。
ソルアネーロの原料はひまわり種子油なので馬油が苦手な人にオススメです。
植物性といっても効果は馬油と全然代わりはありません。

 

ただ、ソバーユと比べると内容量の割りには価格が割高になってしまうのがマイナスポイントではあります。

 

 

馬油100

 

ビビリ毛

 

価格 802円
内容量 70ml

 

品質と価格を両立させた使いやすい馬油です。
とてもお手頃な価格で買えますが、「安かろう悪かろう」ではなく安心して使える国産純度100%の馬油です。
コスパが安いのでロングヘアーの人にはオススメです。

 

 

馬油はあくまでも応急処置

馬油はビビリ毛の他にも使える万能なオイルですが、ビビリ毛を治したり、修復したりする効果はありません。
あくまでもオイルで痛んだビビリ毛をコーティングしてくれるだけのものです。

 

なので、洗ったり髪が濡れたりしてオイルが流れ落ちればまた元のパサパサのビビリ毛に戻ります。
1度ビビ毛になってしまったらもう切るしか方法は残っていないので、馬油は切るまでの応急処置的だと思って使うようにしてください。

 

あと、馬油は基本はオイルなので適量以上を使うと髪がべったりするので使用する量にも気をつけてください。
1日でも早くビビリ毛とサヨナラしたいのでしたら馬油だけでなくシャンプーも代えるといいでしょう

 

シャンプーについてはこちらの記事を参照してください。
>>パサパサでヒドイビビリ毛に使いたいシャンプー