MENU

ビビリ毛の修復やケアに使用するトリートメント。

ビビリ毛修復 トリートメントの種類や効果について知っておきたい事
ビビリ毛をすこしでもよくするのにどんなトリートメントがいいのか迷っていませんか?
市販で売っているものから美容院でやってもらうまで選択はいくつかありますがなにを基準に選べばいいのかわからないですよね

 

という事で今回はトリートメントについて少し詳しくまとめてみました。

 

リンス・コンディショナー・トリートメントの違うところ

 

リンスとトリートメント、コンディショナーの違うところがハッキリわからないというあなたのために、まず第一にその差についてを説明したいと思います。
リンスとコンディショナーは髪の表面をコーティングして髪を防護します。
それによりまず触感が滑らかになり、髪がまとまりが楽になります。
髪のこすれを軽減しキューティクルへのダメージを和らげてくれる効果も見られます。
コンディショナーのほうがリンスより効き目がある、髪を守る力が強いという感じですがきちんとした定義はないのでメーカーがリンスといえばリンス、コンディショナーといえばコンディショナーといった感じです。
しかしながらトリートメントは髪の内部まで成分が馴染んで髪を修繕します

 

 

おウチでトリートメントを行う時の注視すべき点

 

頭髪の痛みの気掛かりな場所を集中して毛先から揉みこむように塗りつけます。
おウチで使う時はリンス・トリートメント、いずれの場合も頭部の肌に達するまでべたべたつけてしまうことがないよう心がけましょう。
リンスやコンディショナーは髪の表面に実効性があるので塗布後即洗い流しますが、トリートメントは髪の内部まで染み込ませるので塗布後ほんのちょびっと時間を置いて流します。
時間を置くのが必要不可欠ですが、一定の時間以上おいても結果は一緒ですから利用しているトリートメントの扱い方にある時間で流しましょう。
10分〜15分位のものがいっぱいあります。
トリートメントをつけてる間、シャワーキャップなどで頭を覆ってやると保温効果でトリートメントが浸透しやすくなります。
洗うときは頭皮にリンス・トリートメントが残ら無いようにちゃんと洗い流すのが大切です。
頭部の肌の毛穴にリンスやトリートメントのもとが残ると頭部の肌のトラブルが現れてしまう理由にもなっていくのです。

 

 

トリートメントでビビリ毛は生き返る?

 

「このトリートメントで傷んだビビリ髪が生き返ります!」
なんて美容院で口にされた事がないでしょうか?
トリートメントのTVCM等でもよく聞こえてきますが、でもこんな感じの話も知ってると思います。
「髪は死亡した細胞で構成されている」
本当は死亡してる細胞が生き返る・・・?
と頭にハテナが飛び交ってる人もいると思います。
髪が成長するのは毛根で形成された細胞が持ち上げられているだけですから、実際には髪の毛そのものが育つことはないのです。
一回パーマやカラー、UVなどで傷付いてしまった髪は再びもとには戻ることはないんです。
ならばトリートメントをやる目的はないの?と思っちゃいるでしょう?
死亡していたりとか生き返るとか言うので複雑になるかも知れませんが、トリートメントは髪を生き返らせたり元気な状態に復元するものではないのです。
だったら何が目的でトリートメントをやるのかと解説すれば
これは髪に浴びたダメージを埋め合わせることが理由です。
どう違うかといいますと、ひとたび傷付いてしまいました髪はもとには回復しませんのでトリートメントで欠けている栄養成分やうるおい成分を補填して健康な髪に近い状態にするとなっています。
トリートメントの成分はゆっくりと漏れ出すので1か月もしない内に成果は消え去りますが髪が傷付いていてまとまらない、おさまらないという人には何よりも有効性が高いと言えますね。

 

 

質感にだまされないで!

 

髪の手触りや指通りが良いとトリートメントの効き目を感じると思われますが、この「手触り」においてはシリコンで髪の表面をコーティングしているだけなわけでトリートメントのプラスマイナスはさわり心地では判定しにくいと考えられます。
あなたに合ったトリートメントについてはいつものメンテやセットアップがやりやすいかどうかでセレクトすることが大切だと考えます。
髪がすぐさまぺたっとなってしまう人はボリュームが出てくるトリートメントがマストですし、逆にボリュームがですぎる人は髪を抑えまとまりやすくするトリートメントが必須です。
髪がパサついているのでうるおいを手に入れたい人もいますが、髪がべたつきやすい人には適さないといったこともありますよね。
ある人にはホントに良いトリートメントだというのに理想的なかどうかはわからないですから、そこはいろいろ試して自分の髪質に合ったトリートメントを探すのが一番確実でしょう。

 

 

トリートメントの種類

 

トリートメントと言ったらどういったものを思い浮かべますか?
まず、大きく2分割してみます。

 

  • すすぐトリートメント
  • すすがないトリートメント

 

すすぐトリートメントはシャンプー後で塗りつけてその名が示す通り洗い流すことになりますが髪の内部まで馴染んで髪の状態を調整しくれるものですね。
よく知られているトリートメントのイメージはこれだろうと思います?
これまでもすすぐタイプのトリートメントを踏まえて話してきました。
しかし洗い流さないトリートメントはセットアップやブローする前につけて髪へのトラブルを軽くしるものやシャンプー、ドライが終わった後につけてトリートメント成分をゆっくりと染みこませていくタイプなどが存在しています。
少し前から整髪料にトリートメント成分が含まれたものも多く発売されていますね。
これは髪に浸透してお手入れすると言うより、髪の表面に影響を及ぼして紫外線などのストレスから髪を防御してくれるイメージです。

 

美容院でトリートメントをするメリット・デメリット

 

これまでトリートメントの種類や効果についてはなししてきましたが、ではビビリ毛で悩んでいる人は美容院であえてトリートメントをやる必要があるのでしょうか?
美容院でするトリートメントの良い点・悪い点をまとめてみました。

 

メリット

 

あなただけの髪の状態に用いたケアをしてやって頂ける。
髪をケアをしようかなと感じた時になんの成分のタイプを採用すれば賢明なのか自ら決断するのは大変ですよね。

 

このビビリ毛をなんとかしたいけどどうしたらいいの?
髪のボリュームを出したいのですがどんなトリートメントをセレクトしたらいいの?
ごわつく髪を軽くしてまとまりある髪にしてくれるトリートメントは?

 

そんなクエスチョンが見られる時に専門知識が備わった美容師に髪の状態を調査してもらってあなたに合ったトリートメントを選択してもらえるとありがたいですよね。
そうしたらあなたがやる手間が掛からないこともメリットの一つです。

 

デメリット

 

一番のデメリットは費用がかかるということでしょう。
これは美容院に行っていればパーマ、カラー、カットなどすべて当然ですがだいたいが技術料なので仕方ないという見方も見られますが、トリートメントはただ塗りつけるだけでテクニックはいるの?と感じている人もいるのではないでしょうか?

 

ぶっちゃけトリートメントはそこまで技術がいるものでもないので少しでも出費を抑えたいのであれば美容院のトリートメントを入手しておウチでケアするというやり方もいいと思います。
まとめ

 

トリートメントの施術そのものはむずかしいものではありませんし美容室のトリートメントは技術料パーセンテージが高いのでおウチでやれば経済的だし効能効果もしっかりと感じることができるでしょう。
自分でやる手間とビビリ毛に合うトリートメント選びが労力がかかりますが、美容院でトリートメントをしてもらって気に入れば次からはそのトリートメントを入手してあなた自身がケアするというのも悪くはないと思います。